​ミサのご案内

 《ミサのご案内 2021年3月》      カトリック光教会

 

3月 5日(金) 四旬節第二金曜日              午前10時          

「性虐待被害者のための祈りと償いの日」

3月 7日(日) 四旬節第三主日               午前 9時

3月12日(金) 四旬節第三金曜日              午前10時

3月14日(日) 四旬節第四主日               午前 9時

        「四旬節黙想会」 指導:原田豊己神父

3月19日(金) 聖ヨセフの祭日               午前10時

3月21日(日) 四旬節第五主日               午前 9時

         ※「大人の教会学校」「教会委員会・典礼委員会」

3月26日(金) 四旬節第五金曜日              午前10時

3月28日(日) 受難の主日(枝の主日)・(聖週間)      午前 9時

 

      

≪十字架の道 第二留 イエス十字架をにないたもう≫  ルネ・ヴオアイオーム

 キリスト・イエスよ、あなたは、この木をお引きうけくださって、この十字架の木とともに、全人類の罪の重荷と、その悲惨と、弱さと、死とをお引きうけくださったのだ。

 それは私どもへの愛のゆえであり、また、あなたの御父のご計画への従順のゆえであった。あなたの無限に完全で聖い人間性と、苦しみ・死との間には甚だしい矛盾、ひどい矛盾があるのです。この苦しみ・死をお引きうけになるということは、それだけでももうすでに堪え難いこと、恐ろしい、また不思議な苦痛であったのです。私どもの場合は、苦しみとか死は、むしろ当然ですけれども。

 イエスさま、あなたの愛に訴えて、あなたのお示しくださった勇気の名において、お願いします。私どもに光をくださいますように。そして私ども自身の十字架を、よく見いだし、よく見つめることができますように。私ども自身の十字架とは、私どものために取っておいてくださった十字架、よその人のではありません。 それは、私自身に付いている十字架、私どもの毎日の生活と切り離すことのできない十字架。それを私どもが救世の道具として、それに立ち向かうことができるように、お教えください。

 そしてその十字架を引きうけるときに、それをどちらの端っこから先に持ち上げたらいいのか、その持ち上げかたもお教えください。 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now